Cyber NINJA Archives

2016年からの旧ブログを整理・修正して収納します。

グローバル化する企業の人材採用

 選考解禁が8月がいいとか、4月がいいとか、いろいろ迷走した挙句、今年は6月というのが経団連の打ち出した方針。なんとなく、足して2で割ったような印象はある。企業も学生も正直言って早く決めてしまった方がいいので、解禁は早い方がありがたい。ただ昔から「青田買い」というように、まだ稲穂が実るかどうか分からないのに買い占めてしまうことには、リスクや問題も出てくる。適当な解禁時期を企業に課すというのは、あってもいいと思う。

 
 
 
 にあるように、7月に帰国することが多い海外留学生としては、せめて8月解禁にと思う気持ちはわかる。希望の会社は早々に内定を打ちつくし、門戸を閉じてしまっているかもしれないからだ。
 
 これからのグローバル時代、就職に有利と思って留学するのだが、卒業と同時にハンデを背負うようでは困る。これが日本からの留学生の減少を招いていると、文科省や大学関係者は嘆く。
 
 ただ、7月には打ち止めになっている企業ばかりではない。一流企業の中にも「通年採用」をする企業も増えてきている。今回は企業側の変化(というか成長度合い)によって、採用スタンスがどうなったかを見てみよう。
 
 NINJAが社会人になったころには、処女採用主義/終身雇用、国内偏重の採用だった。確か就職協定なるものはあって、夏から秋に掛けて採用試験/面談があった。博士課程のような専門性の特に高い人や、留学経験者などは別途の扱いだったような気がする。それも当たり前で、そんな人はごくわずかだったから手間隙もかけられたろう。
 
 その後外国人留学生を採用することも少しづつ増えてきたが、いずれ帰国する時には現地子会社に転籍してもらうことを想定していた。初期のグローバル化に対応した現地要員を、日本で鍛えるという意味だったろう。同時に日本人の海外留学経験者/記憶子女も採用するが、グローバル化部署の専門職が多かった。こういう特殊な採用(徐々に増えていたので特殊とも言い切れないが)は別枠だったので、通年採用もありえた。

    f:id:nicky-akira:20190428210703p:plain

 
 そのうち処女採用主義が薄れてきて、経験者採用が増えてきた。当然ながらこれは通年採用である。終身雇用制はこのころには有名無実だったので、企業は第二期のグローバル化を達成しつつあったわけだ。そして本当のグローバル企業になろうという第三期になると、日本からの留経験者も日本への留学生もいいけれど、いっそ外国人/現地人採用でいいじゃないかとなる。今のトレンドでは、こういう企業が生き残る可能性が高い。
 
 だから学生諸君に言いたいのは、留学したのなら留学先の国の企業に就職することを一義に考え、帰国して就職先を考えるのはその次にしたらということ。今は第二期グローバル化の企業でも、あなたが働いているうちに第三期に突入する公算は高いのですから。8月解禁だったら、とグチをいっているヒマはありませんよ。
 
<初出:2017.9>

ハノーファー中央駅

 北ドイツの主要都市のひとつ、ニーダーザクセン州の州都ハノーファーの人口は約51万人。ドイツは中規模の地方都市が集まってできたような国で、この街は比較的大規模な方だと思う。この規模の街には、ほぼ例外なく近郊鉄道(Sバーン)、地下鉄(Uバーン)、トラム、バス路線が整備されている。

 
 
 ホテルに近いトラムの駅から、少し時間を見つけて中央駅の方に行ってみた。トラムは中心街に近くなると地下に入る。この街では、トラムとUバーンは同じものを指してる。中央駅の一つ手前のトラム(Uバーン)の駅で降りて地上に出ると、ドイツ鉄道中央駅までの200mほどの間を真っ直ぐな通りが伸びていた。通りには「Welcome to CEBIT City」の横断幕が掛かっている。この街にとっては年間の最大イベント開催中なので、精一杯アピールしているわけだ。
 
 駅前広場には「Cebit」のインフォメーションデスクも設けられていて、ロボットのデモンストレーションもやっていた。広場の中心には、騎乗した貴族の銅像がある。エルンスト・アウグスト4世という、この地方の王様だったらしい。王様は駅を背に、大きな教会を含む中心街を睥睨してたずなを握っている。

    f:id:nicky-akira:20190428210331p:plain

 
 付近にはオペラ座や教会のような古い建築物と、商業施設やオフィスビルのような近代的な建物が入り交じっている。ノルドゼーなどの飲食店、カールシュタットなどのデパートが並んでいて、地下街に入るとおなじみのナウナナ、スパーといったお店も見つけることができた。どのドイツの街でもこれらのお店は必ず出店しているようだ。
 
 初めての街だったのに、懐かしささえ感じて中央駅周辺を歩きました。空港からホテルへはタクシーを使いましたが、帰路はトラムとSバーンを使って空港に戻ることにしましょう。片道切符のお値段は4.4ユーロ。タクシーの1/10ですし。 
 
<初出:2018.6>

ハノーファーを食べる(3/終)

 国際会議が終わったのは夕方6時過ぎ、トラムを一回乗り換えてホテルに戻り書類の整理をして午後7時。公式行事は終わり、あとは帰るだけだ。もちろん、今夜の最後のディナーは楽しみにしていたものを食べるのだ。まだ日没まで3時間はある。メルキュールホテルのレストランはまだ混み合っていない。

 
 今日はしっかり食べたいので、飲み物はドゥンケルではない。小サイズ(300ml)のピルスを頼んで、食事はシュニッツェル。豚肉が普通で、薄く伸ばしたものをフライパンにたっぷりの油をひいて揚げ焼きにしたもの。名古屋でいう、「わらじカツ」のようなものだ。ドイツ人との合弁をやっていたころ、その会社の社員食堂で一番好きだったランチがこれ。

    f:id:nicky-akira:20190428205635p:plain

 
 その後、出張で行ったウイーンで食べて感激、機会あるごとに食べている。大変だったドイツ出張のシメはこれに限る。昨日このレストランに来た時に、メニューにあるのを確認しておいたから、会議中から楽しみにしていたのである。(会議はまじめにしましたので、念のため)         
 
 ワクワクして待っていると、大きな皿に焦げ目のついたシュニッツェル、ポテトの炒め物、キュウリのクリームソース浸し、クランベリージャムが盛り付けられて出てきた。(約17ユーロ)
 
 肉料理に甘いソースというのは、若い頃は考えられなかったこと。しかしステーキにパイナップルなどの組み合わせを経験してからは、これもいけると思うようになった。肉の半分は塩コショウで、残りはクランベリージャムで食べた。ポテトは何かの油を十分吸っているようで、ずいぶんコクがある。2~3mm厚の豚肉にカリカリのコロモが混じって、いい食感。ビールが無くなったので、フランケンの白ワインをグラスに1杯もらった。
 
 甘いワインだが、クランベリージャムによく合う。徐々にお腹が一杯になって来て、この皿を食べつくすので精一杯である。でも最後の夜だ、もう少し何か欲しい・・・とメニューを見て食後酒を呑むことにした。ドイツ人は40度程度の蒸留酒を、水などで割ることなくストレートであおる。食べたものの「消化剤」と思ってるらしい。
 

        f:id:nicky-akira:20190428205711p:plain

 頼んだのは「ウィリアムス」、洋ナシが原料で「ポワーレ・ド・ウィリアムス」というのが正式名称。サクランボの蒸留酒「キルシュ・ヴァッサ」はドイツ語だが、こちらはフランス語。元々はフランスの酒だろう。運ばれてきたのは、独特の医療器具にも似たグラスに注がれた褐色のもの。これで40ml、20mlから売られてているから、ダブルということ。(約10ユーロ)
 
 お水ももらってチビチビなめて味わいました。ドイツに来たら一度は口にしたいシュニッツェルにウィリアムス、両方味わえて幸せでした。明日は帰国です。
 
<初出:2018.6>

ハノーファーを食べる(2)

 滞在の2晩目、夕方5時というのに陽は高い。それでも時差の関係で眠くなってきたので、ホテルに戻って夕食とすることにした。今夜はロビーの軽食ではなく、勧められた隣のメルキュールホテルのレストランに行くことにする。ただ、そんなに重いものを食べられる胃の調子ではないので、何か軽めでドイツらしいものはないかとメニューを見る。

 
 目についたのはカレー・ブルスト。そういえば、NHK教育チャンネルの「旅するドイツ語」でベルリンッ子の軽食として、ケバブと並んで紹介されていたものである。焼いたソーセージを刻み、そこにカレー粉をふりかけ大量のケチャップを流し込んだもの。番組出演俳優前川さんが「レッカー!(うまいぞ)」と叫んでいた。

    f:id:nicky-akira:20190428205324p:plain

 
 例によってドゥンケルをなめながら、やってきたウェイターにカレー・ブルストを注文した。ドゥンケルが半分くらいになったところで運ばれてきたのがこれ。NHKの番組で見たのとは違い、刻んでない。丸々一本のブルストである。かの番組によると、ブルストは皮あり・皮なしを選べるという事だったが、これは普通の皮つき。
 
 たっぷりの(というよりドボドボの)ケチャップが掛けられていて、カレー粉の有無は見た目では分からない。さらに、これでもかという量のフレンチフライ。ケチャップを付けながら、フライからいただくことにした。ケチャップソースの味は想像よりすっぱく、カレー粉の有無は食べても分からなかった。
 
 結局ソーセージに大きな差は無かろうから、決め手はソース。NHKの番組ではベルリンで有名な屋台チェーン「カレー・ブルスト36」は極めてうまいケチャップソースが人気だと言う。少しづつ、ソーセージを切りフライと混ぜながら食べた。
 
 重めのドゥンケルよりは、その後に頼んだピルスの方がカレー・ブルストには合ったように感じました。TV番組で見て、一度は食べて見たかったので満足しましたよ。
 
<続く>

ハノーファーを食べる(1)

 

 ハノーファー空港到着は1900過ぎ、この時期の北ドイツは日没は2200過ぎだから十分明るい。移民と思われる肌の浅黒いタクシードライバーは、ホテルの名前を聞いただけであっさり車をスタートさせた。地図を見ながら、路上の地名票などと照らし合わせて正しい方向に向かっていることを確認する。初めての街ではこれをしたいので、無理しても明るいうちに着きたかったのである。
 
 ドイツの高速道路(アウトバーン)を快適に飛ばして、30分弱でホテルに着いた。大学病院の広大な敷地に隣接したホテルで、緑豊かではあるが付近にレストラン等は見当たらない。隣にもう1軒、経営が同じと思しきホテルがあるだけだ。
 
 首に可愛い刺青をしたお姉さんにキーカードを貰いレストランはと聞くと、「このホテルロビーは24時間飲み物と軽食は出せる。本格的なレストランは隣のホテルにある」との答え。部屋はコンパクトで清潔だったが、冷蔵庫もポットもない、無料のミネラルウォーターすらない。どうやら、付近のスーパーなどでビールやワインを買い込んでのお一人様ディナーは難しそうだ。
 
 荷物を開いてWiFiをセットしたら、2030頃だった。ここではまだ明るいが、日本では未明の時間である。眠る前に、ビールを飲もうと思った。ホテルロビーに降りて行って、まず定番の小麦黒ビール(ドゥンケル・ヴァイツェン)を頼む。25年前、南ドイツで仕事をしていたころから、一番好きなのがこれ。ずっしりとした味わいが気に入っている。食事メニューはパニーニが中心なので、一番軽めのバナナパニーニを注文した。

    f:id:nicky-akira:20190428205059p:plain

 
 バナナを挟んで焼いたパニーニの付け合わせもバナナ、チョコレートがソースのように掛け回してある。少しづつ頬張ったが、長旅で疲れたのか500mlのドゥンケルでふわりと酔った。もう寝ようかと思ったが、もう1杯飲むことにして、ご当地(ニーダーザクセン州)のビールを注文。
 
 赤い盾の背景に白い馬のエンブレムを書いた、ご当地ビール(300ml)が運ばれてきました。ピルスなので、すっきりさっぱりした口当たり。合計11ユーロあまり(1,500円くらい)でした。ゆっくり眠れそうです。
 
<続く>