Cyber NINJA Archives

2016年からの旧ブログを整理・修正して収納します。

人生100年時代への対応

 最近日本の高齢化についての議論や意見、報告が一杯あり、総理を長とする会議「人生100年会議」までできてしまった。学会が「老人とは75歳以上」との意見を述べると、年金支給を75歳からにする陰謀だとの批判も出てくるくらいかまびすしい。

 
 
 小泉内閣のころからか有識者会合がやたら増えてきて、民間の意見を聞くという政府の姿勢はいいのだが、これだけ乱立すると(総理出席で)年何回開けるのか、セレモニー化しないか不安が残る。会議の庶務は普通内閣府内閣官房が務めるから、彼らが忙しくなり府省や民間から出向者を受け入れて人手不足を補うわけだ。

 政府のやりたいことは、やはり年金支給年齢の引き上げだろう。平均寿命が60歳くらいのころ設計した年金制度が、80歳から90歳に寿命が延びて破綻しないほうがおかしい。しかし「60歳で定年になって、75歳の年金支給までどーすりゃいいのよ」という批判は当然で、さきごろ公務員の定年延長65歳までは決まったらしい。NHK等でも、定年延長した企業や80歳で起業した人などを取り上げ、少しでも長く働くという風潮を作ろうとしているのが透けて見える。

    f:id:nicky-akira:20190505173033p:plain

 年金や高齢者医療・介護費のような財政問題は別の機会に論ずるとして、寿命が延びて働くことのできる期間が長くなることそのものは喜ばしい。敬老の日の特集で、90歳以上の人口が200万人に達したとの報道があった。
 
 
 実は僕の父親も今月90歳を迎えたので、家族だけで簡単なパーティをした。相変わらず好きな晩酌を毎晩日本酒1合やるという。少し足元がおぼつかないので、病院や買い物に時々出るくらいしか外出はしないが、特に内臓に悪いところはない。
 
 若いころに占い師が「96歳まで生きる」と予言してくれたそうで、あと6年生きればほぼ不可能と思われた予言を達成できるわけだ。200万人の一人として、予言に挑戦してくれればいいな、と思っています。

<初出:2017.9>

ヘリ護衛艦+F-35B

 以前現代の「八四艦隊」と紹介した、「いずも」「かが」など大型のヘリコプター搭載(全通型甲板)護衛艦に新鋭ステルス戦闘(攻撃?)機F-35の垂直離着陸型を搭載することが、公明党もしぶしぶ了解して公に進められることになった。
 
 このような「戦力」が、憲法が保持を禁じているとされる「攻撃型空母」にあたるかどうか、メディアもいろいろ書きたてている。そもそも戦力を持ってはいけないとするメディアの中には、どうしても容認できないとの意見を述べるところもあるだろう。
 
 
 これに対して与党の弁明は、「常時戦闘機を搭載するわけではなく、通常はヘリコプター搭載護衛艦。必要に迫られたときに戦闘機を離発着させることができるだけだから、攻撃用空母ではない」というもの。この話で、当面の運用は陸上基地や米軍の空母から来たF-35に補給をしたり、緊急時の収容をしたりすることだと分かった。

    f:id:nicky-akira:20190504102936p:plain

 
 もちろんその為にも、F-35を艦上で運用する訓練は必要である。全通甲板があるといっても、大型機やSTOL/VTOL機能のない航空機の運用はできないから、まず対象機種をF-35Bに絞ったということだろう。もちろん米軍のヘリコプターも運用可能だし、ひょっとしたらオスプレイも降りられるかもしれない。
 
 この「空母」運用、第二次世界大戦中の装甲空母大鳳」の構想を思い出させる。ミッドウェイで旧式ながら主力だった四空母を失った日本海軍は、新鋭の装甲空母大鳳」を前線に出し、艦載機の消耗分を後方の空母や陸上基地から送ることを考えていた。防御力に優れているがその(装甲に重量を費やした)分搭載機が少ない「大鳳」の特徴を生かす運用計画だった。
 
 空母と呼ぼうがヘリ護衛艦と呼ぼうが、所詮は航空機の洋上プラットフォーム。米軍では強襲揚陸艦WASP」に航空機を乗せて、「ライトニング空母」として運用している例もある。自前の艦載機が無くても、作戦行動の一環を担うことはできるわけだ。4隻の大型ヘリコプター搭載護衛艦の運用で、日米の海上勢力は強化されることは間違いない。じゃあ、その仮想敵って・・・?
 
<初出:2018.12>

現代の「八四艦隊」

 よく架空戦記に出てくる「八八艦隊」というのは、日本海軍が第一次世界大戦後の海上戦力の要と考えて企画したものである。近代型の戦艦を8隻、巡洋戦艦を8隻揃えるというものであった。当時の戦艦・巡洋戦艦(合わせて主力艦ともいう)の主砲は35cm〜38cm、これをしのぐために「八八艦隊」構成艦は、41cm〜46cmもしくはそれ以上の直径の砲身を装備することになっていた。

 
 戦艦の一番館が「長門」、二番艦が「陸奥」、いずれも41cm(公けには40cmと言われていた)主砲8門を積んで完成した。本来10門積みたかったのだが種々の制約のため断念し、以降の「加賀」「土佐」はそうするつもりだった。一方、巡洋戦艦の一番艦は「赤城」、二番艦は「天城」。これらの艦は軍縮条約の締結により完成できず、「赤城」「加賀」は航空母艦に改装、「土佐」は標的艦となり、関東大震災で建造中に大破した「天城」は廃艦となった。
 
 このような巨艦の建造や戦列化、維持には多額の費用が掛かるのは自明で、海軍軍令部などでは「八四艦隊」ではどうかなどと妥協案も出たが、そもそも10倍以上の国力を持つ米国などと競うのは無理な話だったと思う。

    f:id:nicky-akira:20190504102612p:plain

 
 それから100年近くたって、海上自衛隊も「八四艦隊」に近づきつつある。かつては、ヘリコプター護衛艦8隻と搭載ヘリ8機で「八八艦隊」などと呼称したひともいたようだが、今回のはそれよりずっと重みがある。つまり、
 
イージス艦 8隻
 こんごう型4隻 金剛、霧島、妙高、鳥海
 あたご型2隻  愛宕、足柄
 まや型2隻   摩耶、艦名未定(DDG28)
 
◆全通甲板型ヘリ護衛艦 4隻
 ひゅうが型2隻 日向、伊勢
 いずも型2隻  出雲、加賀
 
 の体制が整いつつあるのだ。先ごろ7番目のイージス艦が進水、防衛大臣によって「摩耶」と命名され現在艤装中である。8番目の艦も建造中である。
 
 
 全通甲板を持ったひゅうが型、いずも型にはF-35も搭載できるという。4隻の揚陸強襲艦を8隻のイージス艦が守る、現代の「八四艦隊」である。つい懐かしくて艦の名を漢字で書いてしまいました。
 
<初出:2018.8>

憲法9条下での航空母艦

 自民党の安全保障調査会の会長中谷議員は、元防衛大臣自衛官の出身であり、防衛大臣としては適材適所の人だったと思う。現在の小野寺大臣も適任だと思うが、その前の女性大臣については疑問符が付く。内閣改造で、この女性に大臣職を奪われた時、中谷氏は涙した。その中谷会長がとりまとめた、防衛大綱の改訂と中期坊策定に関する提言骨子の中に、「多用途防衛型空母」という単語がある。

 
 
 航空母艦という艦種は、第一次世界大戦での新兵器だった軍用機が急速な発展を見せたところから生まれた。当初は偵察用で、偵察機を四方に飛ばし敵艦隊の位置や規模、動きなどを探って艦隊決戦を有利にするなどの用途が考えられていた。その意味で、飛行船(例:アメリカ軍のアクロン級)と競合したこともある。
 

        f:id:nicky-akira:20190504102110j:plain

 しかし航空機の威力が増してくると、艦隊防空の必要性が増し戦闘機を積んで艦隊に1隻随伴するという用途に使われ始める。さらに爆撃機雷撃機の能力が上がって、空母を集中運用した打撃力が使えるようになった。「多用途防衛空母」というのも、F-35に代表されるステルス艦載機の能力向上による発想であることは確かだ。小型の艦船でも、このように強力な垂直離着陸機を搭載すれば無視出来ない戦力になる。日本の軍事力強化には、非常に有効な手段である。
 
 しかしこの名称も、レトリックである。防衛型といっても、攻撃力が無ければ戦力足りえない。それをぼかすのが「多用途」という言葉なのだろう。攻撃型空母と言えば、憲法9条の抵触するとの批判は避けられないとの配慮だろうが、実態は攻撃/防御は表裏一体のもの。戦力に変りはないのですから。
 
<初出:2018.4>

ヘリ護衛艦「かが」就役

 海上自衛隊最大のヘリコプター護衛艦「かが」が就役した。いずも型の2番艦で、これで海上自衛隊保有する全通甲板式のヘリコプター護衛艦は4隻(2隻はやや小型のひゅうが型)となった。先代「加賀」は1942年6月、ミッドウェー海域で沈んだ。ほとんど意味はないのだが、2隻の仕様を比較してみた。


        f:id:nicky-akira:20190504101252p:plain

◆「かが」
 基準排水量 19,500トン
 全長 248.0m
 全幅 38.0m
 出力 112,000馬力
 最大速力 30ノット/時
 乗員 520名
 搭載機 SH-60Kほかヘリコプター14機
 兵装 20mmCIWS(対空ガトリング砲)×2、
    SeaRAM近距離対空ミサイルシステム×2
 
◇「加賀」
 基準排水量 38,200トン
 全長 247.7m
 全幅 31.7m
 出力 127,400馬力
 最大速力 28.3ノット/時
 乗員 1,708名
 搭載機 零戦21機、99艦獏27機、97艦攻27機
      +補用16機
 兵装 20cm砲×10、12.7cm高角砲×16
     25mm連装機銃×11
 
 先代「加賀」は、いわゆる八八艦隊計画の一艦として僚艦「土佐」と共に建造が始まったが、ワシントン条約保有が認められず廃艦になるところだった。同様に保有が認められなかった巡洋戦艦「赤城」「天城」は実験的な航空母艦に改造されることで生き残るはずだった。しかし関東大震災で被害を受けた「天城」が廃艦になり、その代艦として「加賀」が航空母艦に改装されることになったのである。
 
 日本海軍は「赤城」「加賀」には何度か改装を施した。三段式の飛行甲板を持たせたこともあったし、煙突の形状も変えた。海の上に浮かぶ自走式滑走路としての機能テストをしていたのである。中型高速空母「蒼龍」「飛龍」が完成してからも、搭載機の多い「赤城」「加賀」は艦隊の主力だった。
 
 先代「加賀」が竣工してから、おおよそ90年が経った。軍艦に求められることも、変わった部分もあれば変わらなかった部分もある。「かが」も、ねがわくば災害派遣や救難活動だけで、生涯を終えてほしいと思う。
 
<初出:2017.3>